スケアクロウ

ハリウッドランチマーケットのセレクトショップは山梨県富士吉田市 スケアクロウ

地図 メールフォーム

INFORMATION
HOME >  INFORMATION  > STAFF BLOG men's

  • 2014 04 06 SEASUN gyosan sandal

    今回は SEASUN ギョサンサンダル のご紹介です。
    ギョサンって何?という当然の疑問がわきますね。では来歴を

    小笠原諸島が日本に返還された1968年頃から漁師たちの間で普及し始め、
    当初は販売していた五郎平という人物の名前から、ゴロヘイゾーリと呼ばれていた。
    まもなく島内の一般住民も日常的に使用するようにもなり、
    「ギョサン」という愛称で呼ばれるようになったようである。
    その後、島を訪れる人たちの間でも小笠原名物として知られるようになり、観光土産ともなった。
    2002年頃、小田原市の靴店主が小笠原へ行った知人のダイバーから
    ギョサンのことを伝え聞き、販売を思い立った。
    初めはオリジナルの地味な茶色のみであったが、カラーバリエーションを増やしたという。
    アイドルグループ「嵐」の大野智さんがテレビ番組の企画で着用した影響もあったためか、
    女性客を中心に売れ行きが伸びている。

    という事でゴロヘイゾーリの由来については分かったけど肝心のギョサンについての
    説明は無い。まぁ他にも色々調べてみると、濡れてもいいし丈夫で滑りにくいので
    最初は特に漁業を営んでいる人が好んで履いていた。という事から
    『漁業従事者用のサンダル』 略して ギョサン!

    あ…そう。ふーん。    僕はゴロヘーのが好きだなー。
    まぁ呼び方は各自好きなほうでという事にして
    非常に履きやすく、滑らないし水にもジャブジャブいけちゃう上、値段も安いのは
    ありがたいと。アンクレット辺りと合わせて買ってもいいんじゃないでしょうか?


    SEASUN gyosan sandal \1,800 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 04 05 MACCHERONIAN canvas/suede slipon

    今日ご紹介するのはマカロニアン(maccheronian)の
    canvas/suede slipon です。マカロニアンは、

    『かつては欧州の軍用スニーカーやラバーシューズを手掛けていた工場で
    ミリタリーシューズにアレンジを加え、履き心地とファッション性を追求した商品を展開しています。
    履き心地の面では、伝統的なヴァルカナイズド製法(ソールとアッパーを高温の窯にいれ圧着する製法)
    を採用している為、クッション性が良くそして柔軟な為、
    他社のスニーカーにはあまりない全方向に自在に曲げられるラバーソールが特徴となっています。
    ファッション性の面では、シーズン毎に最旬の素材を取り入れ、
    新しいデザインや斬新な カラーリングでリリースしています。
    又、様々なブランドとのコラボレーションにも積極的に取り組んでいます。

    ということです。(公式サイトより)
    まぁ簡単に言うと、元々はルーマニアの工場で軍靴を作っていた職人さんと
    日本人をはじめとし、その他イタリアのデザイナー達の夢のコラボ的なブランドです。
    確かな品質、優れたデザインのスニーカーなのに価格は手ごろという…
    唯一の欠点はあまり数が出回らない探すのが大変という事くらいでしょうか。
    また海外にも多くのファンがいる事でも知られていますが、
    イギリスのロックバンド、OASISはメンバーそれぞれのモデルがあるほどです。
    残念ながらメンバーが揃うことはもうなさそうですけど。
    ただリアムは必ずといっていいほどマカロニアンをはいているのでその曲や毒舌だけでなく
    足元にも注目してみるのも面白いと思います。
    このスリッポンですがアッパー部分がキャンバスでつま先の切り替え部分が
    スエードになっています。
    最近ではトップスはジャケットなどキレイ目にしても足元はスニーカーなんてのは
    当たり前になってますし、もちろんそのままラフなスタイルに持ち込むのもOKなので
    本当になにを合わせても大丈夫なシューズになってます。


    MACCHERONIAN canvas/suede slipon \8,800 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 04 04 STUDIO DARTISAN omotenashi poc T

    今シーズンはポケットTが気になる…という方、
    結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?
    大流行!って事はないんですが静かブームになりつつあります
    実際各ブランド、例年よりやや多めにポケットTを作ってますね。
    その中からダルチの おもてなしT をご紹介します。
    まだ記憶に新しい滝川クリステル女史の
       お・も・て・な・し
    ですが、なぜ外人(便宜的に使わせて戴くと)発音っぽいおもてなしにしたんでしょうか?
    滝クリさんもなんやかんや根っこは外人さんという事なのか…
    間違った発音だろうが広まっている(?)わかりやすいであろう
    発音をオフィシャルとして発信するという、あえていうなら譲歩に近い
    感覚から来たものなのか…
    前者なら外人的であるといえるし、後者なら極めて日本人的といえるし…
    どっちだろう。 おもてなし という事を考えるならば
    後者であってほしい今日このごろ。
    さらにそいうことなら おもてなし より
    O MO TE NA SHI でしょう! っていう…やっぱり強引でしょうか。

    あ、実はこのTシャツ tiotio という素材を使っていまして、
    物自体は綿100%のものですが、これが何かと申しますと

    天然成分を原料とした加工材を使用し、空気中の酸素や水分と反応して
    有害物質を分解し、抗菌や消臭などの効果を発揮する技術です。
    肌のトラブルが気になる方、乳幼児などお肌の敏感な方も安心してご使用頂けます。
    また、空気触媒は常温で溶けたり、蒸発したりしてなくなることがないので、
    抗菌・消臭の触媒機能効果が長期間持続します。

    という技術で、他にも部屋干しでも匂いが付きにくかったりするみたいですね。
    おもてなし、というだけでなく新しい試みがつまったTシャツといえるでしょう。


    STUDIO DARTISAN omtenashi poc T \5,800 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 03 28 brass peace anklet

    今日は GAIJIN MADE から brass peace anket をご紹介します。
    ここ数年、猛暑も手伝ってかクロップドパンツやショーツを履く機会が増えました。
    丈の長さも膝上からくるぶし丈、デザインもスポーティなものから
    ややフォーマル寄りなデザインのものまで様々です。
    僕も去年ショーツばっかり履いてましたし今年もそうなりそうですが
    ショーツの丈と靴の丈のバランスや、ソックスのも絡むとなると
    これが意外と難しい。
    そんな時はアンクレットが便利です!
    特に丈のバランスを変えずにアクセントを付けたい時なんかは最高!
    1つ変えるとこっちもあっちも…ってことありますからね。
    素材も主に真鍮を使っていて程よい強さの主張な所に加えて
    価格も抑え目になっているのもポイントです!


    GAIJIN MADE brass peace anklet \3,800 +tax

    詳しくはこちら

  • 2014 03 28 HRM linen knit JAC

    今日は HRM リネンニットジャケット をご紹介します。
    近年続いている猛暑の影響もあってか、存在感を高めているリネン。
    そんなリネン100%でざっくり編みあげたニットジャケットです。
    キレイ目にもカジュアルにも使える便利なアイテムです。
    当然リネンなので通気性も良く、これからの季節
    活躍してくれること間違いナシ!
    重ね着するも、Tシャツにこれ1枚も良し。
    その上ジャケットととしてはもちろんカーディガン的にも使えるので
    さらに可能性は拡がります!
    また価格的にもお手ごろなのは非常に助かります!

    HRM linen knit 2B JAC \16,000 +tax

    詳しくはこちら

STAFF BLOG men’s

  • 店舗案内

    店舗案内

    〒403-0004
    山梨県富士吉田市
    下吉田2-6-5

    TEL:0555-23-3513
    FAX:0555-23-3536